外来看護師の役割をご存知ですか?



はじめまして。外来看護師に転職した40代のおばさんです。

30代まで看護師でしたが、結婚と子育てで10年のブランク
ようやく落ち着いたので、外来看護師として働くこととなりました。


とてもやりがいのある仕事であることはわかっています。ただし、
早くも外来看護師は厳しい世界だなと思ってしまいました・・・。
外来の最大の敵って何だと思いますか?

それは「クレーム」なんですよ。。

正直、精神的につらいことが多い日々となり、辞めたい状況です。
同じくクレームと戦う看護師の皆さん。当サイトで共感しあえればいいなって思ってます。

よろしくどうぞ。

外来看護師の役割を理解することから始める

まず外来といっても病院の規模でさまざまな形があるようです。
外来といっても科はたくさんあるようで、設備も異なってくるとのこと。

私の就いているところは、小規模でこじんまりとした外観なのに
内視鏡室・レントゲン室をはじめ、最新の電子カルテまで
導入しているレベルです。
言ってしまえば、逆見かけ倒しといったところです。笑

その為、40代の私の記憶力には厳しいものがありました・・・。
いろいろと覚えることはたくさんあって、外来の流れをつかむことに必死でした。
ざっと私が必死に覚えたことをまとめてみましょう。

1:タイムスケジュール
2:ドクターの診察時の癖
3:処置の仕方、カルテの処理
4:受け付け・病棟との連携

とにかく年齢は下でも先輩看護師の動きをしっかり観察していました。
日々、盗んでいく努力に集中していたため、仕事が疎かになったりと散々だったのです。

外来看護師の役割を覚えたのはいいけど・・・

外来看護師の役割を覚え始めた頃、もう1つの問題が浮上しました。
それが患者さんからのクレームの嵐です。
実は、クレームが多いのも外来の特徴なんだそうです・・・。

「何時間待たせるつもりなのよ!!」
「先に俺が入ったんだぞ、おい!!」
とか典型的なクレームばかりですが、毎日続くと堪えるんですよ。

そういのの対処方法を覚えないと、外来看護師はやっていけません。
曖昧な接し方をする人ほど、すぐにクレームが飛んできます・・・。
私はもうここで続けるのは困難だと思いました。今は仕事をしながら、転職を考えているんです。
実は知人から年齢が高くても転職を可能にしたサービスがあることを知ったんです。

外来看護師の役割は置いといて、充実した看護師になるためには?

日々ストレスを溜めながら働いている看護師の皆さん。私が今から
紹介する転職サービスを利用してみてください。
今の環境から抜け出せて、新たな職場はバラ色になること間違いなし。

プロのアドバイザーが悩みなどを丁寧に聞いてくれて、
私にあった職場を紹介してくれました。更に事前にその職場の
雰囲気やスタッフの顔や特徴まで教えてくれたんです。

おまけに私のような40代でも、採用してくれるとのことで、
一気に心が楽になりました。

現状に悩んでいる看護師の皆さんは、是非チェックしてください。今のままでは何もわかりません
し、ストレスに押しつぶされるだけだと思います。
一緒に充実した環境での看護師を目指しましょう。
それでは紹介します。

外来看護師求人募集ランキング

外来看護師の役割を知っていても

外来看護師の役割をどれだけ理解していたとしても、やはり
過酷な仕事に耐えられないと、外来看護師は厳しいと思います。
基本、看護師はタフな仕事ですが、外来はもっとタイトでタフです。

そして神経質な方にはもっとも不向きな職業といえるでしょうね。。
外来看護師よりも条件がよくて、働きやすいところは沢山あります。
苦しみながら仕事をするよりも、働きやすい環境での仕事をしませんか?